こまったときは?


緊急連絡先をお知らせください!

登校してはいけない感染症
(学校での流行がある主なもの)

  ・インフルエンザ   ・百日咳
  ・麻疹(はしか)   ・風疹
       ・流行性耳下腺炎   ・水痘(みずぼうそう)
       ・異型肺炎      ・手足口病
  ・伝染性紅斑     ・ヘルパンギーナ
  ・溶連菌感染症    ・感染性胃腸炎
                   など…
              

 その他、感染症の中にはコレラや赤痢など大変危険なものがありますので、お子様の様子がおかしいと感じたときは、すぐに受診して下さい。
 なお、これらの感染症は出席停止となっております(欠席にはなりません)。
 インフルエンザ以外の感染症については、登校の際、病院で「治癒証明書」(有料)をもらってきてください。



インフルエンザにかかったときは?

登校の際は「インフルエンザ経過報告書」が必要です
          ※令和元年12月2日(月)の登校より

※保護者の方へ
 他の感染症と同様、出席停止となります。病院でインフルエンザと診断された場合は、速やかに学校にご連絡ください。登校の際は、保護者の方が記入する
「インフルエンザ経過報告書」をお子様に持たせてください。

様式ダウンロードはこちら


休に体調が悪くなったときは?

担任の先生に言って保健室へ行きましょう

※保護者の方へ
 学校の保健室に飲み薬は置いていません。薬の必要があるときは、家庭で飲ませ
てから登校するか、持たせてください。
 授業を続けるのが困難なときは、ご連絡いたします。



下着をよごしてしまったときは?

だいじょうぶ! ちゃんと保健室に着替えがあります

※保護者の方へ
 保健室の下着を借りたときは、同サイズの新品をお返しください。
                   (メーカーは問いません・洗濯は不可
 下着以外の洋服を借りた場合は洗濯をして返却してください。